【先着10名!】10/31までの期間限定でオープニングを格安で依頼できるビデオ制作会社特集!【キャンペーン】
結婚式準備

結婚式の内金・手付金の相場とは?式をキャンセルしても返金される唯一の方法とは?

結婚式場と契約する際には、式場の予約をするためのお金

いわゆる内金・手付金というものが必要になってきます。

Marry
Marry
結婚式の予約のタイミングですでにお金がかかってくるんだね。それっていつ支払うの?
白河
白河
料金の支払いは結婚式場の見学に行った当日に支払うという事がほとんどだよ。もちろん、当日の現金の持ち合わせがなくても、クレジットカードでの支払いができる式場がほとんどだ。

この内金・手付金は後々の結婚式費用の総額にも関わってくる重要なものになります。

そして「つい契約してしまった結婚式のキャンセル」を考えているという人は、

そもそもこの「内金・手付金が何の為に発生しているお金であるか」

という事をしっかり理解しておいた方が良いでしょう。

場合によっては全額返金できる可能性があります!

この記事では内金・手付金の相場と、その返金の方法について解説していきます。

なぜ内金・手付金が必要なのか?

そもそもなぜ、結婚式場の契約の際に内金・手付金が必要になってくるのでしょうか。

理由としてはただ一つ。契約後のキャンセルを防ぐためです。

キャンセル防止の為に前金をもらっておくというのが一般的ですが

契約する際に必ず誓約書を記入させられます。

式場は「原則お金は返さない」というスタンスなので、お金返さないからキャンセルしないでねというのが内金・手付金の役割です。

白河
白河
内金・手付金は帰ってはこないけど、結婚式が終わったら、その式費用の総額から差し引かれるからそこは心配しなくてもいいよ!

内金・手付金の金額相場とは?

気になるのが、その内金・手付金の相場です。

ほとんどの式場は10万円です。

式場によっては5万円であったり20万円であったりバラバラです。

結婚式総費用に比べると安く感じてしまいがちですが、日常生活の中で10万円は大金です。

Marry
Marry
契約するだけで10万円が必要というのは結構痛いね・・・
白河
白河
そしてこの内金・手付金で支払った金額は、結婚式をキャンセルした場合、基本的には1円も返ってこないよ。

既に支払った内金・手付金はまず手元に返ってきません。

結婚式場を抑えた場合は契約書に署名しますが、

そちらの方に返金ができない旨が記載されています。

しかし、かなりいやらしい方法ではありますが、

この内金・手付金を返金してもらう手段があります。

内金・手付金の返金が可能なパターン

もし身内に不幸があったり、破談があったりして結婚式のキャンセルをやむを得ない状況になった時も

こちらの事情がどうあれ式場側の都合でキャンセルにならない限りは、基本的には内金・手付金は返ってきません。

しかし

キャンセルのタイミングが、契約から1週間も経っていないということであれば、

返金できる可能性がグッと高くなります。

たった1週間だと他のカップルの契約に関わる機会損失・売上損失が起きていない可能性が高く、

結婚式場としては返金しない理由が特にありません。

Marry
Marry
???どういうこと????
白河
白河
結婚式場は「他のカップルに紹介できたかもしれない日取りをキャンセルされる事を避けるため」に、内金・手付金を設けているという話はしたよね?

そもそも内金・手付金は式場側が結婚式まで預かっているだけの宙ぶらりんの状態のお金。

契約してから1週間もたってないようなら、結婚式の準備も始まらないし費用がかかるようなサービスが発生していない。

つまり手付金10万円は結婚式の準備が本格的に始まるまで使う事が無いってことなんだ。

だから、たとえ10万円を返金しても式場側としてマイナスはないということ!

Marry
Marry
なるほど!10万円は実際にはまだ使われてないから、物理的に返金自体はできるんだね。
白河
白河
そういうこと。それに、たった1週間だと期間がそれほど経っていないので、「他のカップルにその日取りを紹介できなかった」という売上機会の損失も起きていない可能性が高いんだ。

契約から1週間もたっていなければ、結婚式場としてマイナスになるようなことはほとんど発生していません(もちろん、プランナーが対応した時間が無駄になったことや、契約がひとつ減ってしまったというマイナスはありますが)。

これが契約から1ヵ月を過ぎてしまうと、返金がかなり厳しくなってしまいます。

返金してもらうには、なるべく早めのキャンセルしか通用しないと考えておきましょう。

内金・手付金を返金してもらうための唯一の方法

Marry
Marry
そろそろ、キャンセルした時に返金する具体的な方法を教えてよ!
白河
白河
具体的な方法は、「プランナーに自分から直接電話する」か、「消費者センターに相談する」か。この2つ。

プランナーに直接電話して、ゴリ押しで返金してもらうという方法もありますが、

より確実性が高いのは、消費者センターを挟むことです。

こうしておけば、消費者センターから式場側へと連絡が行きます。

これは結婚式場側としてはかなり厄介です。

消費者センターは、絶対的な消費者の味方となります。

結婚式場と交わした契約書に「キャンセルの際には返金できません」と記載していようがいなかろうが、

消費者センターは式場側に電話をしてくれるわけです。

Marry
Marry
消費者センターってすごいんだね・・・・

今はSNSをはじめインターネットが普及しており、

たった1人の口コミがとんでもない影響力をもつこともあります。

結婚式場側としては消費者センターと揉めたり、悪い噂を立てられたりするよりも、さっさと10万円を返金した方が楽です。

以上が内金・手付金を返金するための方法となります。

もちろん1週間以内を目安に相談しないと、消費者センターを通した所でなかなか返金は難しいかもしれません。

消費者センターは各市区町村によって番号が違いますので、該当地域の番号から電話をかけましょう。↓

最寄りの消費者センターを調べる

白河
白河
結局、契約する時には「絶対にここが最高!」と言える式場でしか契約しないようにするのが一番ということです。

後は、結婚式をキャンセルしないといけないようなトラブルが起きない事を祈るだけですね・・・

手付金を全てチャラにできるくらいお得なキャンセル方法

もし他の結婚式場に目移りしてしまって、キャンセルしたいと考えている人であれば

10万円程度の手付金がチャラになるくらいに、より安く他の結婚式場を契約するという方法があります。

方法としてはたった一つ。「結婚式場予約サイト」から式場見学を予約するだけです。

特にその中でも飛びぬけて挙式費用が安くなるのがハナユメという予約サイトです。↓

ハナユメから結婚式場の見学予約をすると次の2つの特典を受けられます。↓

  1. 結婚式費用自体が安くなる
  2. 40.000円のギフト券がもらえる

ゼクシイやマイナビなど、有名な式場予約サイトがたくさんある中で

ハナユメは最も安く、お得に結婚式場を予約できるサイトです。

例えばこちらの2つの式場。↓

これは花夢に掲載されている式場のうちのほんの一部ですが

100万円前後の割引は当たり前です。

Marry
Marry
こんなに安くなるんだ・・・しかも成約特典でドレスの割引もあるんだね

そしてもう1つの特典が式場見学を重ねるごとに最大40,000円まで金額が上がっていくクーポンです。↓

  1. 1つの式場見学+アンケート記入→+15,000円
  2. 2つの式場見学+アンケート記入→+10,000円
  3. 3つ以上の式場見学+アンケート記入→+5,000円
  4. ハナユメ経由で式場確定→+10,000円

このように3つ以上の結婚式場を見学した上で式場を成約すれば、

それだけで40.000円分のギフト券を手に入れることができます。

白河
白河
既に内金・手付金を支払ってしまっているという人でも、10万円程度の金額であれば、あっという間に元が取れるということなんだ!そのくらいハナユメ経由の式場契約は安い。

結婚式場を契約してしまったけど、他の式場に目移りしてキャンセルしたいと言う人であれば、

ハナユメから式場を探してみて、内金のマイナスを帳消しにするのが良いかもしれませんね。

ハナユメで式場を検索してみる

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA