【先着10名!】10/31までの期間限定でオープニングを格安で依頼できるビデオ制作会社特集!【キャンペーン】
WeddingMovie

動画がメールやLINEで送れない時の最適な対処法【オンラインストレージ】

結婚式のプロフィールムービーや余興ムービーを業者や友人に依頼する時に

写真や動画の素材を渡すことになるかと思います。

その際にはUSBメモリーを渡したり

現物を渡したりと、手段はいろいろありますが

もしメールで送ろうとした場合

写真は送れても、容量が大きい動画は送れないという事はよくあります。

この記事では、メールやラインで動画が送れないという時にお勧めの方法を解説していきます。

大容量のデータをメールで送る方法

大容量のデータを送る手段としては、大きく分けて2つの方法があります。

  1. ZIPファイルに圧縮して送信する
  2. オンラインストレージを利用する

この2つです。

しかし、基本的に①のZIPファイルに圧縮して送信するという手段は

あまりお勧めの方法ではありません。

なぜなら

データをZIPファイルに圧縮したり

ZIPファイルを解凍したりするソフトが

あらかじめお互いのパソコンに入ってないと利用できないためです。

そこで頻繁に利用されているのが

②の「オンラインストレージを利用する」という方法です。

オンラインストレージの使い方

オンラインストレージとは

メールでは遅れないような容量の大きいデータを

ネット上で受け渡しができるシステムのことで

業者とのやり取りをはじめ、ココナラ等のサイトでも頻繁に利用されています。

無料で使用できるオンラインストレージはたくさんありますが

今回はギガファイル便」を利用した送信方法を紹介します。

まずは、こちらから動画データを送る方法を説明します。

はじめに、↓こちらのギガファイル便のサイトを開きます。

ギガファイル便のサイトへ

すると、少し下にスクロールした所に↓のような入力欄があります。

①ファイルの保持期限変更・・・いつまでその動画をストレージ内に保存しておくかを決めれます。基本的に7日間のままで大丈夫でしょう。

②ファイルを入れる所・・・送信したいファイルをドラッグ&ドロップします。たくさん動画を入れた状態でフォルダごと入れ込むことも可能です。

↓送りたい動画をマウスでクリックした状態で②の部分にドロップしてみます。

ファイルを入れ込むと↓このような画面になります。

③の枠「完了!」の文字が表示されたら、ストレージへのアップロードは完了です。

後は、赤矢印の部分に表示されたURLを業者や友人に送れば

送られた側からもその動画をURL上から確認できるようになるというわけです。

プライバシー保護の為に

その横の「削除キー」という4桁の英数字も一緒に送りましょう。

URLの受信者が動画を確認したタイミングで

ストレージにアップロードされた動画を削除することができます。

これで動画素材の送信は完了となります。




完成したムービーを相手から送ってもらう方法

逆に完成したウェディングムービーを送ってもらう時の保存方法を紹介します。

今回はココナラを利用した場合の受け取り方法を例に解説しています。

↓相手側からのメールやトークルームのメッセージに

オンラインストレージのURLを貼られるので

そのURLから依頼したムービーをダウンロードできます。

上記のURLのリンクを踏むと、↓のような画面が出ます。

後は、「ダウンロード開始」をクリックするだけで

パソコン内にムービーを保存できます。

以上でムービーの受け取りも完了となります。

今回はギガファイル便を利用した動画送信・受信の方法について解説しました。

制作業者やココナラ出品者によって、利用するオンラインストレージは変わります。しかし、ダウンロードのやり方としてはどのオンラインストレージも大体同じなので、この記事を参考に活用してみてください。

ココナラに関しては↓こちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
【業界最安】結婚式ムービーをココナラでプロに依頼する全手順を解説ウェディングムービーを結婚式で流そうと決めた人は どのようにムービーを作っていくのかということで、大きく分けて以下の3つの選択肢が...

数多くあるビデオ制作業者の中で、

ココナラを経由して依頼するのが現在最も安くムービーを作成してもらえる方法です。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA