【先着10名!】3/31までの期間限定でオープニングを格安で依頼できるビデオ制作会社特集!【キャンペーン】
結婚式ムービー

制作会社に結婚式のムービーを依頼する時に絶対注意すべき7ポイント

結婚式のムービーは

如何に「早く」「安く」「ハイクオリティに」仕上げられるかにかかっています。

こと結婚式において一番気にしているポイントはムービーの制作費用でしょう。

豚骨
豚骨
一番安くできるのはやっぱり自作なんだよね?

でも時間も編集スキルもないからプロに依頼したいんだけど・・・

白河
白河
もちろん、結婚式前はバタバタするだろうし、プロに依頼するという選択肢は決して悪くないよ。

でも、結婚式場お抱えの制作会社に直接依頼するのは想像以上にお金がかかる

プロに依頼するなら、自分でインターネット上から制作会社に依頼する方が遥かに安いということは絶対に理解しておこう!

結婚式のウエディングムービーは10年以上も前から結婚式披露宴の代表的な演出の一つです。

この記事は「結婚式の費用を抑えつつも、ゲストに恥じないクオリティのムービーを上映したい!」という人に向けた内容となっています。

ムービーを結婚式場以外のプロに依頼する時に絶対に注意すべき7つのポイントを解説していきアンす。

ポイント①結婚式のムービー制作に掛かる費用の相場を知っておく

何度も言うように、結婚式場のムービー制作会社に依頼するのは「この上なく楽」ですが「この上なく損」してしまいます。

招待状や席次表、ウェルカムボードやメニュー表を自作するカップルが多いように

結婚式の費用は自分で手間かけて用意するエリアを広げれば広げるほど大きな節約に繋がります。

個人的に最も費用の節約幅が大きいのはムービー演出だと思っています。

結婚式のムービーにかかる費用相場は以下のようになっています。

結婚式場式場以外の制作会社
オープニングムービー5万円~10万円2万円~4万円
プロフィールムービー8万円~15万円3万円~5万円
エンドロールムービー7万円~15万円3万円~5万円

あくまで目安です。

写真枚数や使用楽曲の長さ、その他のオプションでも金額は大きく変わってきますし、

エンドロールムービーは当日撮影型の「撮って出しムービー」を選んだ場合、15万円を大きく超える可能性もあります。

豚骨
豚骨
結婚式場のムービーの方が価格が高いって事は、それだけ品質がいいものを作ってくれるってことじゃないの?
白河
白河
そうとも言えないよ!

式場が提携している業者の中には、クオリティとしてはまずまずのレベルでも1本単価10万円を大きく超えるところもある。

結婚式場側に依頼するとペーパーアイテムや引出物等、すべてのアイテムの値段が高いように、クオリティと関係なくムービー価格もどうしても高くなってしまうんだ。

結婚式場以外の制作会社であれば、ムービーのクオリティが式場よりもはるかに高いのに

依頼費用はかなり抑えることができるという大きなメリットがあります。

中でもクオリティがとにかく高い制作会社について紹介しているので、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。↓

あわせて読みたい
高クオリティで圧倒的評価!シュシュの結婚式ムービーの口コミ紹介!結婚式で大人気の演出である「ムービー上映」。 8割以上のカップルが行うという大人気の演出ではありますが、 結婚式場の業者にウ...

ポイント②クリエイターがアマチュアかプロかを確認しておく

結婚式場以外の業者に依頼するときは、その相手がプロの制作会社か、アマチュアかをしっかり確認しておきましょう。

豚骨
豚骨
結婚式のムービーをアマチュアの人が作っていることもあるの?
白河
白河
プロとアマチュアの違いは何とも言えないけど、

ビデオ制作会社ではなく「個人」でフリーランスや副業的なムービー制作を請負っている人もいるんだ。

現在ではココナラを始めとしたフリーランスのクリエイターをたくさん紹介しているサイトがあり、制作会社じゃなくてもムービー制作ができるような時代になっています。

ムービー制作会社よりも格安で制作を請け負っていたり、気軽に相談を持ち掛けることができたりというメリットはありますが、

やはりそこは「個人間でのやりとり」いう事で、諸々のデメリットがあります。

例えば、ムービーに著名なアーティストの楽曲を使用したいと思って時には

「ISUM」という著作申請代行業者に音楽の使用を申請しなければならず、この申請はISUMに認定を受けた業者にしかできません。

そしてフリーランスの方の中にはこのISUMの認定を取っていない人がたくさんいます。

他にも相手が一人のフリーランスである場合はムービー制作のやり取り返信が遅いという事もあるかもしれません。

何より一番怖いのが「責任」です。

ムービー制作会社はあくまで「法人」です。信用や実績が何より大切です。

フリーランスの方は個人事業主が多いので最悪なケースで言うと、制作途中で投げ出してしまってもさほどダメージがありません。

今ではより格安でムービー制作を請け負ってくれるプロの制作会社が多数いるので、「安心」や「実績」を重視したい人はそちらが良いでしょう。

フリーランスの方に直接依頼というのはデメリットをしっかり理解したうえで判断しましょう。

あわせて読みたい
激安で高クオリティの結婚式ムービーを依頼できる「ボンマリアージュ」結婚式の費用を抑えようと考えた時に「ムービー演出」は大きく金額を節約できるポイントとなっています。 しかしウェディングムービー上映...

ポイント③結婚式のムービーの特徴・制限を確認しておく

結婚式のムービーにはオープニング、プロフィール、エンドロール等のいくつかの種類があります。

各制作会社によっては、ムービーの種類によって写真の枚数に制限があったり、ムービーの長さにも指定が入ったりします。

特にエンドロールムービーは特殊で、結婚式に参列するゲストの名簿を渡すという作業も必要になってきます。

「このムービーがお洒落でかわいくて気に入った!」

というムービーがあっても、そのムービーのテンプレート(ムービーの型)によっては、どうしても写真の枚数を絞らなければいけないというパターンもあります。

ほとんどのムービー制作会社のサイトでは「このムービーはこれだけの数の写真が利用可能で、曲の長さはこれくらい」という目安が明記されてます。

しっかりとその点を確認したうえでムービーは依頼するようにしましょう。

ポイント④ムービーの納期をしっかり確認する

ムービーの納期は結婚式のムービーを依頼する上で極めて重要です。

ほとんどの制作会社では大体のムービー制作目安が1か月程度となっています。

しかし制作会社によって最短納期はまちまちで、

「最短3日で納品できます!」という制作会社があれば、

「最短は2週間です」という制作会社もあります。

そして、納期を初期プランよりも早めようとすると追加料金が発生してしまいます。(これはおそらくどこの制作会社でも有料プランになっています。)

結婚式までの期間が短ければ短いほど金額が高くなってしまいますので、早めに依頼することをお勧めします。

特に注意しておきたいのは、作ってもらったムービーが式場のプロジェクター(モニター)でちゃんと流れるかどうかの最終チェックです。

これはどこの式場でもおそらく必須になっているかと思うので、式場で確認する時間もしっかりと意識しておきましょう。

また、ムービー制作会社によっては納期を早めることでムービー費用が安くなる制作会社もあります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。↓

あわせて読みたい
【損する?】結婚式のムービーが格安依頼できるオススメ業者10選 結婚式を目前に迎えて、このように感じているカップルはたくさんいます。 しかしプロフィールムービーを結婚式場の業者に依頼する...
白河
白河
結婚式のムービー納品を早めるための大原則は「新郎新婦ができるだけ早く素材を準備して手続きをスムーズに進めること」です!

ムービー制作会社は返信がとにかく早いところが多いので、わからないポイントがあったらどんどん質問して素晴らしいムービーを作り上げていきましょう。

ポイント⑤ムービーのカスタマイズが可能か確認する

ムービー制作会社が手掛けるムービーは大きく2つに分類できます。

「オーダーメイド型のムービー」「テンプレート型のムービー」です。

オーダーメイド型のムービーはその名の通り、ムービー構成を制作会社の人と打合せしたり、プロのカメラマンに写真を撮ってもらったりと、ゼロから自分たちで作り上げるムービーです。

制作会社によっては「一部」オーダーメイドなのか、「完全」オーダーメイドなのかは分かれます。

白河
白河
オーダーメイドは自分たちで何もかも決めることができるのでカスタマイズ性は最高です。

しかしその分、価格が高くなるというのはもちろんのこと、ムービー制作会社のスタッフやカメラマンとの打ち合わせを行う手間も発生してきます。

一方で、テンプレート型のムービーは一定の型が決まったムービーのことです。

世の中のほとんどのムービーは、この「テンプレート型のムービー」となります。

テンプレート型はムービーを依頼する新郎新婦側からも構成がわかりやすく、あれこれと考えずに依頼できるフットワークの軽さが抜群です。

そして何より価格が安いのもテンプレート型の特徴でしょう。

豚骨
豚骨
自分たちのやりたいことを求めるなら、ちょっと金額高めでもオーダーメイド。

価格を重視するならテンプレートってことだね。

白河
白河
とはいってもテンプレート型のムービーでも、

「この部分はこうしたい」とか「ここはこんな風にはできないですか?」という要望や相談には答えてくれる会社も多数あるよ!

分からないことは遠慮せずにどんどんスタッフに要望を出してみよう!

ポイント⑥手直しは有料かどうかをチェックしておく

結婚式のムービーが出来上がったら、どの制作会社でも新郎新婦にそのムービーの出来を確認してもらうことになります。

そこで気に入らない箇所や、もうちょっとこうしてほしいといった要望があるところは手直しが可能です。

しかしムービー制作会社のほとんどは、無料での手直しが1回、2回と決まっています。

豚骨
豚骨
・・・それ以降は手直しできないってこと?
白河
白河
ほとんどの場合は「有料」で請け負ってもらえるよ。「1回の手直し追加につき、いくらです」ってね。

けど、ムービーによっては安価で制作できる代わりに、1回も手直しができないというプランもあるので注意しよう!

一般的にムービーの手直し料金は追加料金がかかるものですが、

「手直し無制限」の制作会社も存在します。

こちらの記事で紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。↓

あわせて読みたい
【格安】結婚式ムービー依頼をナナイロウエディングにした10の理由結婚式のムービー費用を抑えようと思った時 真っ先に考え付く事は「結婚式場外の業者に依頼する」か「自作する」のどちらかだと思います。...

ポイント⑦ムービー制作会社によるセット割や期間限定キャンペーンを確認しておく

ムービー制作会社によっては「期間限定で値引きキャンペーン」を行っているところや

「オープニングとプロフィールを一緒にセットで購入すれば割引します」といったサービスを行っているところがたくさんあります。

特にセット割はどこの制作会社でも行っているので、結婚式場で2本以上ムービーを流す予定がある人は、同じ制作会社で依頼した方が絶対にお得になります。

数万円単位で安くすることができるというのは、結婚式場外のムービー制作会社ならではです。

豚骨
豚骨
確かに、結婚式場でムービー制作依頼した時はセット割なんてなかったような・・・
白河
白河
最初からわざわざセット割をプランに入れてないところもザラだよ。

あとはプランナーに交渉してくださいってところだね。だから結婚式場の制作会社に依頼するときは値段を下げるのも少し面倒なんだ。

結婚式場に依頼するよりも安く抑えるためには、各制作会社で行っているキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

様々な割引キャンペーンを行っていて、なおかつ式場でムービーを依頼するよりも安くハイクオリティなムービーを請け負ってくれる制作会社をこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【損する?】結婚式のムービーが格安依頼できるオススメ業者10選 結婚式を目前に迎えて、このように感じているカップルはたくさんいます。 しかしプロフィールムービーを結婚式場の業者に依頼する...

是非とも参考にしてみてください。

あなたにオススメの記事はこちら!