【先着10名!】2/29までの期間限定でオープニングを格安で依頼できるビデオ制作会社特集!【キャンペーン】
おすすめソフト

ワンクリックでDVDが書き込めるソフト!DVDMemoryを解説

結婚式のムービーを自作している人が一番最後にぶつかる壁が

「ムービーのDVDへの書き込み」です。

豚骨
豚骨
DVDにムービーをちゃんと書き込んだはずなのに、なぜかDVDプレイヤーで再生できないんだけど・・・
白河
白河
動画をDVDに書き込んだつもりがDVDプレイヤーで再生できないという原因はいくつも考えられるけど、

特にムービー自作の初心者の人がやりがちなのが「動画データをそのままDVDに書き込んでしまう」というものだね。

簡単そうに思えて案外面倒なのがこのDVDへの書き込み。

DVDプレイヤーや結婚式場のプロジェクターで問題なくムービーが再生できるようにするには、

DVDに動画の書き込みができる機能を持ったソフトを使用する必要があります。

そのソフトが今回ご紹介するDVDMemoryというDVDライティングソフトです。

DVDMemoryをリリースしているワンダーシェアという会社は、

初心者向けの動画編集ソフトとしても絶大な人気を誇っているFilmoraを販売している会社でもあります。

Filmoraについてはこちらの記事で詳しく解説していますので気になる人は参考までに。↓

あわせて読みたい
Filmoraが結婚式ムービー編集ソフトとして大人気な7つの理由本サイトを訪れている人は、結婚式のムービーを自作しようと考えている方が多いかと思います。 「どんなソフトを選べばいいかわからない」...

この記事ではDVDMemoryの簡単な使い方とその特徴について解説していきます。

DVDMemoryの特徴とそのメリット

DVDMemoryはあらゆる動画形式のファイルをDVD動画データに変換してDVDにそのまま書きこむ事ができるソフトです。

パソコンが苦手な人、動画編集が苦手な人でもDVD作成ができるようにと、徹底的に無駄を省いており

使い方などをわざわざ調べなくても感覚的に扱えるソフトとなってます。

とにかく素晴らしいのは「ワンクリックでDVDが作成できる」という点です。

初心者は必ずつまづくと言ってもいい、DVD書き込みをクリックひとつで完了させてしまうソフトです。

ソフトはWindowsとMacどちらにも対応しています。

DVDMemoryでできること

  1. チャプター作成・・・DVDのチャプターメニューを作る事ができます。
  2. 動画編集・・・簡単なカット編集やフィルター・字幕を追加することができます。
  3. データディスク作成・・・画質の劣化無しでDVDを作成できます。
  4. 写真スライドショー作成・・・BGMを載せたスライドショーを作る事ができます。
  5. ISOファイルの書き込み・・・ISOファイルをDVDに書き込む事ができます。
  6. 1クリックブルーレイ作成・・・ブルーレイをワンクリックで作成できます。

大きく分類分けすると以上の様な機能がメインになります。

簡単にまとめると、作り上げたムービーに簡単な編集を加える機能と、DVDやブルーレイにムービーを書き込む事ができる機能の2つがメイン機能です。

DVDMemoryの無料版と有料版の違い

DVDMemoryは無料版と有料版で制限範囲が大きく違います。↓

上記表を見てもらえれば分かる通り、無料版では機能にいくつか制限があります。

動画編集機能とスライドショー作成機能は使えず、さらにはDVDに書き込む際に「DVDMemoryのロゴ」が動画内に入り込んだ状態で作成されます。

無料版は実際に自分のパソコンで問題なくソフトが起動できるかチェックしたり、

どれだけ便利で簡単に扱えるソフトなのかという事を体験するためにあります。

有料版を使用することでDVDMemoryのメイン機能を初めて使える事になるので、その点はしっかりと認識しておきましょう。

DVDMemoryの簡単なインストール方法

DVDMemoryがどれだけ使いやすくて便利なソフトかを紹介していきます。(Windows版で今回は紹介していきます。)

まずはDVDMemoryの公式サイトから、無料版のDVDMemoryをインストールしましょう。

インストール用のexeファイルをパソコン上に保存し、以下のようなファイルを開きます。↓

すると、下のような画面が出てくるので「インストール」をクリックします。↓

インストールが始まりますのでそのまま待ちましょう。↓

しばらくたったら完了画面が出ます。

これでDVDMemoryのインストールは完了です。

DVDMemoryでDVD・ブルーレイディスクを作成する方法

インストールが終わったら早速ソフトを起動しましょう。

以下のような画面が出てきますが、上の3つはDVD・ブルーレイへの書き込み機能。下の3つは動画編集などのその他機能になります。↓

まずは左上の「DVDディスクを作成」のメニューに進みます、

「画像やビデオを追加」と表示されている箇所をクリックしましょう。↓

数え切れないほどの形式の動画に対応しているので

MP4だろうとAVIだろうとWMVだろうと、特に動画フォーマットは気にせずに選択して大丈夫です。

DVDに書き込みたい動画を選択してください。↓

すると次のような画面が表示されます。↓

  1. タブメニュー・・・それぞれの項目の画面に切り替えます。
  2. サムネイルリスト・・・パソコンから取り込んだ動画が一覧として表示されます。
  3. プレビューウィンドウ・・・選択中の動画を確認できます。
  4. 容量ゲージ・・・DVDのデータ容量を確認できます。

見た目もすっきりしていて、そこまで難しいものではないかと思います。

簡単なカット・クロップ・エフェクトをかける方法

簡単に動画の編集方法を解説します。

画面左側のサムネイルリストから、編集したい動画の欄にある以下のようなマークのところをクリックします。

すると画面が切り替わり、様々な編集が行えるようになります。

プレビューウィンドウに並んだ左側の画面で、動画サイズの変更、トリミングができます。↓

また、プレビューウィンドウ下にあるメニューでは、動画の再生や停止、反転・回転が行えます。↓

さらに下の箇所では、動画のクロップ・トリムやエフェクトの追加、透かし、字幕の追加などが可能です。↓

「字幕」の項目では字幕用のデータファイルをテキストベース等で作る必要があるので、

字幕を追加したい場合は「透かし」の項目にある「透かし文字」でテキストを入力しましょう。

動画の編集が済んだら、画面下部の「OK」のボタンをクリックして完了です。

DVDに書き込む動画にチャプターメニューを追加する

続いてチャプターメニューの作成に移ります。

画面上部のタブメニューから「メニュー」の項目を選択します。

するとチャプター画面の編集画面へと変わりますので、好きなチャプターを右の方の一覧から選択しましょう。↓

有料版では制限なくチャプターが用意されており(無料版では3つしか確認できませんん)、あまりにも多すぎるので一部だけ紹介しておきます。↓

続けてチャプターの簡単な設定をしていきましょう。

DVDMemoryのチャプター機能はカスタマイズ性が非常に高く、自分好みのチャプター画面に設定できます。

画面左側にあるのは、各チャプター画面を選択できる箇所です。右側のチャプター画面では、テキストやオブジェクトをプレビュー画面上から直接自由に変更できるようになってます。↓

テキストの文字や配置も自由に変更できます。↓

驚きなのが、チャプター画面上のオブジェクトを自由に配置を動かすことができることです。プレビュー画面上で直接動かすことができます。↓

このチャプター画面上では、サルの映っている画面だけでなく空を飛ぶ飛行船や建物、さらには街灯まで動かすことができました。

チャプターページも同じように設定できます。左のメニュー項目のところから選択できます。↓

ここでもオブジェクトは動かし放題です。↓

ある程度、チャプター画面の設定が済んだら「プレビュー」の項目でチャプター画面を確認してみましょう。↓

こんな感じになっています。↓

プレビューでチェックしたうえで問題がないようであれば、そのまま「作成」の項目に移り、DVDの書き込みを済ませましょう。↓

「DVD作成」にチェックを入れ(無料版ではDVDにロゴマークが入ってしまいます)、ディスクラベルで適当な名称を入力します。

後は基本的に初期設定のままでいじらなくてOKです。

後は画面下の「作成」をクリックしたらDVDの書き込みが始まります。

たったワンクリックでDVDを書き込める機能

DVDMemoryの画期的な機能「ワンクリックでDVD作成」について解説していきます。

ワンクリックDVD作成機能は、その名の通り、メチャクチャ簡単にムービーをDVDに書き込む事ができる機能です。↓

トップ画面外からでも、画面右上のツールボックスからでもワンクリックでDVD作成の画面に飛ぶことができます。↓

こちらですね。↓

動画編集やチャプターメニュー等の細かい設定を取り除いた状態で、いきなりDVD書き込みの画面から表示されます。↓

結婚式のムービーとしてDVD作成を考えている人は、このワンクリック書き込みだけでいいかもしれません。

結婚式場によっては「チャプターメニューを入れないでください」というところもあります。

そういった時は、色々と悩まずにDVDを作成できるワンクリック書き込みで済ませても良いでしょう。

DVDMemoryの有料版(本製品)の購入方法

ここまで、DVDMemoryで出来ることや使い方について解説してきましたが、

実際にソフトの機能を使いこなすには本製品(有料版)の購入が必要になります。

ここからは本製品の購入方法を紹介していきます。

まずはDVDMemoryの有料版購入画面にて商品を購入していきます。

上記リンクから公式サイトに行くとWindows版の購入ページに飛びますので、MacOSのパソコンを使用している人は、画面上部の「Mac版はこちらへ」で切り変えてください。↓

次に、価格帯を選択していきます。

  1. 年間更新ライセンス(3,980円)・・・1年間期間が円低プランです。一時しか使わない人用。
  2. 永久ライセンス(4,980円)・・・買い切り型のプランです。ずっと使用予定がある人はオススメ。
  3. 複数ライセンス(21,160円)・・・複数のパソコンで使えるビジネス向け。用途が家庭用ならば選ばなくてよい。

一時だけしか使わないのか、

これからも使う必要が出てきそうなのか、

自分の状況に合わせてプランを選んでいきましょう。

どれか一つを選んだら決済方法を選択し、必要な情報を入力していきます。↓

購入が完了したら、購入完了のメールが送られてくるかと思います。

そこには以下のように登録コードが明記されています。↓

これを、既にインストール済みの無料版DVDMemoryに入力すれば、有料版のソフトをそのまま使用することができます。再インストールの必要はありません。

DVDMemoryの無料版を有料版にグレードアップする方法

引き続き、DVDMemoryを無料版から有料版へと移行していきます。

DVDMemoryを起動して、右上の「製品登録」をクリックします。↓

以下のような画面が出てくるので、本製品購入後にメールで送られてきた登録コードを入力し「製品登録」のボタンをクリックすると、そのまま有料版へと移行されます。↓

以下のような画面が出たら有料版への移行は完了です。↓

面倒なDVD書き込みを単純化したマルチソフトDVDMemory

この記事では、DVD書き込みや簡単な動画編集、チャプターメニューの設定ができるマルチなソフトDVDMemoryの特徴と使い方について解説してきました。

特にチャプター機能の充実度やカスタマイズ性は抜群です。

ワンクリックでDVDを作成できる機能もあったりと、とにかくパソコンが苦手な初心者でも使いやすくなるように、徹底的に分かりやすく作り込まれた素晴らしいソフトです。

動画編集初心者はDVD書き込みで必ずと言っていいほどつまづきます。

それをワンクリックで処理できるというのが個人的に最大の魅力だと思っています。

もちろん簡単な動画編集も可能で字幕を入れ込むこともできますし、

エフェクトで色調を調整したり、反転・回転させたりもできます。

DVDの書き込みに不安があるという人は、まずは試用版をインストールしてみましょう。

そして使いやすそうだなと感じたら、本製品版の購入を検討してみる事をオススメします。

DVDMemory 公式ページ

白河
白河
実は、DVD書き込みについてのお問い合わせはメチャクチャ多いんです。

DVDに書き込んだ動画が再生できないというトラブルは、考えられる原因が非常に多く、初心者の人がこれに陥ると、どうやって解決していいのか分からなくなってしまいます。

それだけDVD書き込み作業というのは難しく複雑な作業です。

そんなトラブルを少しでも回避するためにも、有効的にDVDライティングソフトを活用していきましょう。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA