【先着10名!】10/31までの期間限定でオープニングを格安で依頼できるビデオ制作会社特集!【キャンペーン】
WeddingMovie

【著作権】ISUMに個人申請はできるのか?申請方法を徹底解説!

結婚式場から

「著名人の曲を使用するときはISUMへの申請をお願いします」

と言われたことがある人もいるかもしれません。

最近ブライダル業界においてよく耳にするようになったのが

音楽の著作権問題と、ISUM(アイサム)への申請です。

ISUMとは

JASRACや日本レコード協会等の著作権管理団体に楽曲の申請を代行して行ってくれる団体です。

この団体はウェディングシーンでのBGMやムービーを利用した際に申請を代行して行ってくれます。

しかし、この団体の発足もまだ新しいので、ウェディング業界はともかく私たち一般人にはそこまで浸透していません。

これから結婚式を挙げる新郎新婦のほとんどが申請方法や細かい決まりについて知りません。

ちょっとわかりにくいところが多かったのでなるべくわかりやすいようにまとめてみました。

この記事ではISUMへの申請方法やその規則・料金体系などについて解説します。

本文に進む前に結婚式にかかわる著作権について簡単におさらいしましょう。

  1. 著作権・・・作詞者や作曲者が有する権利。
  2. 著作隣接権・・・曲を広めた歌手や事務所が有する権利。
  3. 演奏権・・・公の場で著作物を演奏(音楽を流す)ことができる権利。式場側がJASRACや日本レコード協会に申請しているので、基本無視して良い。
  4. 複製権・・・著作物を複製(CDに焼くなど)したものを公の場で流すことや、第三者に売ることを禁止するための権利。これがISUMへの申請対象。
  5. JASRAC・・・著作権を管理する団体。個人から著作物使用の申請が可能。
  6. 日本レコード協会・・・著作隣接権を管理する団体。個人から著作物使用の申請が可能。
  7. ISUM・・・JASRACや日本レコード協会に、複製権に関わる著作物使用を代理で申請してくれる団体。結婚式場やビデオ制作会社から申請が可能。

ISUMの申請基準について

ISUMへ申請が必要になるパターン

結婚式上で音楽を流す際にISUMへ申請が必要になる基準は、以下のようなパターンがあてはまります。

  1. 式場で流したいBGMを、自分でCDにまとめてそれを式場で流す場合
  2. ウェディングムービーに音楽を入れた状態で式場で流す場合
  3. 当日、式場で撮った動画にBGMが入りこんでいる場合

大きな区別としては上記の3つになります。

この3つに当てはまる中で例外的なものは

使用した楽曲がパブリックドメイン(クラシック音楽など)か

著作権フリーの音楽である場合です。

この場合はISUMへ音楽を申請する必要はありません。

続けて、申請が必要ないパターンを紹介します。

ISUMへ申請をしなくてもいいパターン

ISUMへ申請しなくても良いパターンは以下の場合に限ります。

  1. 使用している楽曲がパブリックドメインか著作権フリーの音楽である場合
  2. 式場で流す楽曲を全て(ムービーの音楽も含めて)、CD原盤から流す場合
  3. 式場側に曲を用意してもらって、そちらから流してもらう場合

特に使用したい曲にこだわりが無い場合は

始めからフリー音源で揃えてしまうのが無難です。

ちょっと面倒くさいのがのCD原盤から流す方法です。

今の時代、ネット上から音楽をダウンロードしている人が多いので

その楽曲のCD自体を持っているという人は案外少ないかもしれません。

その中に、もし結婚式で使いたいお気に入りの音楽があった場合は改めてCD原盤を購入する必要があります。

正式に購入しているとはいえ、

データをダウンロード購入した音楽を流す場合はISUMへの申請が必要になってきます。

そして、これは結婚式場によりますが、事前に使用したい音楽とアーティストを伝えておけば式場側で曲を用意してくれるところもあります。

白河
白河
では、ISUMへの申請が必要な状況になったとして、どのように申請すればよいのか解説しましょう。



ISUMへの申請方法とは?

ISUMへの個人申請

ISUMへの新郎新婦から個人申請ができるのかどうか?

結論からいいますと、ISUMへ人からの申請はできません。

「この曲を使うから申請しなければ」と思ったところで新郎新婦側から直接ISUMへ申請をする事はNGとなっています。

ISUMは、結婚式場やビデオ制作会社等の「業者」からの申請しか受け付けていません。

一応、JASRACや日本レコード協会へは個人から直接申請ができる

ちなみに、著作権を扱うJASRACや著作隣接権を扱う日本レコード協会へは、個人から直接申請ができます。

しかし、↓こちらの記事で解説している通り

楽曲一つ一つを著作管理団体に申請するのって、かなり面倒なのです。

あわせて読みたい
【申請するな!】結婚式で好きな曲を無断で利用できるたった1つの方法【著作権】この記事ではブライダルシーンにおける 複製権をクリアするための方法について解説いたします。 複製権については↓の記事で詳しく...

挙式前はただでさえ時間がありません。

著作権の問題でわざわざ時間と労力を使いたくない所です。

だからこそ、ISUMを利用して一括で著作物利用の申請をするのが現実的になります。

豚骨
豚骨
あれ?けど、ISUMへはこちらから申請ができないんだよね?
白河
白河
そうなんだよ。じゃあどうすればいいのかというと・・・式場側に依頼するんだ。



ISUMへの正しい申請ルート

ISUMへ楽曲使用の申請をするには結婚式場側にISUMへ申請したい旨を伝えましょう。

ISUMへの申請というのは大体が式場側から指示されてやっているという人が大半です。

式場側もISUMへの申請についての手順はよくわかっています。

白河
白河
つまり、JASRACへ申請を代行してくれるISUMへの申請を式場に代行してもらうわけだ。
豚骨
豚骨
・・・もう滅茶苦茶。

ISUMへの申請手順

①ISUMの楽曲データベースの中から、自分が結婚式で使用したい楽曲を探す。

②ISUMへの申請を式場側へお願いする。楽曲名とアーティスト名を申請書に記載する。

③発生した金額・見積もりの確認。

④ムービーを入れているDVDと、使用したい楽曲のCD原盤を式場に提出する。

⑤式場側からISUMへ正式に申請される。

⑥申請が受理されれば、ISUMから「正規許諾証明シール」が発行される。

⑦発行されたシールをCDやDVDに張り付けて準備完了。

式場以外のビデオ制作業者からもISUMへの申請はできる

映像制作を結婚式場の業者に頼まずに

一般のビデオ制作会社に依頼して作ってもらう人もいるかもしれません。

その場合は式場ではなくその業者からISUMへの申請をお願いすることもできます。

申請手順はおおむね先ほど解説した通りの流れではありますが

その業者によって手順の違いは若干あるかもしれません。

さらに

制作会社によってはISUMへの申請料が大きく変わることがあります。

これは制作会社が申請代行の際にかけている手数料の違いによるものです。

業者によってピンからキリまでかなりの開きがあるので、

制作会社にムービー制作を依頼する時は

ISUMへの申請料も前もって確認しておいた方が良いかもしれません。

まれに、ISUMへの登録手続きをしていない業者がいるので、その場合はその業者を通してISUMへは申請ができません。

特に個人で格安制作している業者に多いです。

好きな楽曲を使う事にこだわりがある人は、その点もしっかり確認しておきましょう。

ISUMへの申請料金を少しでも安くする方法は↓こちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
【最安0円】ISUMへの申請料金をできるだけ安く抑える3つの方法とは?近年厳しくなったブライダルシーンでの楽曲著作権。 特にDVDに入れ込んだムービーを流す時に発生する複製権の処理は、 著作権の...



ISUMの致命的な欠点・デメリット

複雑な著作権や著作隣接権をまとめて申請してくれるISUMは

著作権に疎い一般人の橋渡しをしてくれるすばらしい団体です。

しかし、どうしても見逃せない致命的な欠点があります。

それは

ISUMに登録されている楽曲しか使用申請ができないということです。

こちらの→楽曲データベースに登録されている曲しか利用できません。

つまり、この楽曲データベースに登録されていない曲で

さらにCD原盤を持っていない

または取り寄せることができない曲に関しては、物理的に式場で流すことは不可能というわけです。

ウェディングムービーに使っている楽曲に関しては

ISUMのデータベースに登録が無い時点でもう式場では流せません。

(ISUMを挟まずに、直接著作権管理団体に申請すれば可能です。)

しかも洋楽が極めて少ないです。

邦楽の登録が1万件を超えている一方で、洋楽の登録は500件ほどしかありません。

データベースに無い曲はリクエストを出すこともできるみたいですが

どのくらい時間がかかるのか、はたして本当にデータベースに追加できるのかも不明瞭です。

白河
白河
洋楽に関してはリクエストを出しても許可をとるのが難しいだろうから、今後も追加は厳しいと思うな・・・



ISUMへの申請なんて絶対にしたくないんだけど

って思う方はたくさんいらっしゃるかと思います。

冒頭の方でも説明したようにISUMに申請せずにすむ方法はこの3つのパターンのみです。

  1. 使用している楽曲がパブリックドメインか著作権フリーの音楽である場合
  2. 式場で流す楽曲を全て(ムービーの音楽も含めて)、CD原盤から流す場合
  3. 式場側に曲を用意してもらって、そちらから流してもらう場合

基本的に式場側からISUMへの申請を勧められた場合は

従うほかありません。

ただ、DVDのムービーに使用したい楽曲がISUMのデータベースにすらない場合は、どうしようもなくなります。

特に洋楽はほとんど使えない可能性があります。

白河
白河
そんなときはもうこれ↓

洋楽やデータベースに無い曲は、申請せずにCD原盤でゴリ押し

ISUMへの申請すら必要ないようにするには

もう全ての楽曲をCD原盤でごり押しするしかありません。

ムービーに関しては、音を入れずに無音で作り

式当日にムービーと合わせてCD原盤から音楽を流してもらうようにお願いしましょう。

この条件をのんでくれないような式場は断った方がいいです。

それかプランナーを変えてもらいましょう。

法律上全く問題ないこのやり方すら認めてもらえないという事はまずないので、

そこはしっかりとプランナーと交渉しましょう。

なお、著作権が始めからかからないフリー音源を使用するという場合。

結婚式にピッタリなフリー楽曲を紹介しているサイトがあります。

誰かに申請する手間も一切ないので、こちら↓を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【必見】ウエディングムービーに必ず役立つ!フリー音楽素材サイト8選!ウエディングムービーで著作権を一切気にせずにムービーを作る方法は ネット上で無料で配布されている、フリー音楽素材をダウンロードする...

【追記】2019年10月以降から、結婚式で使用する音楽の料金システムが改悪される可能性が出てきました。

音楽の使用で損をする可能性があるので、こちらの記事に目を通しておく事をお勧めします。↓

あわせて読みたい
【著作権】結婚式のBGM使用料変更!音楽費用が高くなる最悪の展開結婚式披露宴で流すBGMや ウエディングムービーで使用する楽曲の著作権問題は、 これから結婚式を考えているカップルには避けて...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA