【先着10名!】12/31までの期間限定でオープニングを格安で依頼できるビデオ制作会社特集!【キャンペーン】
WeddingMovie

【初心者向け】オープニングムービーの自作!作り方5ステップを解説!

年々、オープニングムービーを披露宴の始めに導入する人が増えてきており、

その役割はとても重要なものと認識されるようになってきました。

これは↓私が実際に依頼されて作ったムービーの一部分です。

オープニングムービーは披露宴会場を盛り上げつつ、新郎新婦の紹介を同時にこなすことができます。

豚骨
豚骨
動画を一度も作った事が無い初心者だから、自信が無いんだよね・・・

かといってもビデオ制作業者に依頼するのも高いだろうし・・・

白河
白河
オープニングムービーを業者に依頼した時の相場としては3万円~10万円くらいかな。

自分で作れば3万円も必要ないし、意外と簡単にできる。編集に頼ったクオリティの高さは全く必要なくて、アイディア次第では素晴らしいクオリティのムービーが作れるんだ。

この記事では、ムービーを作ったことの無い初心者が、オープニングムービーを完成させるための5つのステップを解説していきます。

Filmoraでオープニングムービーの導入部分を作ってみました。その手順を音声解説付きで紹介しています。↓

あわせて読みたい
【Filmora使い方講座】結婚式オープニングムービー導入の作り方!7つの手順を全て解説!結婚式におけるオープニングムービーは、今や披露宴の定番演出となっています。 尺はプロフィールやエンドロールに比べて短いことが多いの...

オープニングムービーの役割を知っておこう!

豚骨
豚骨
そもそもオープニングムービーって必要かな?
白河
白河
実のところ、オープニングムービーだけは流さないという方もたまにはいるんだけど、だからこそオープニングムービーは流した方がいいんだ

余計にムービー代がかかるからという理由でオープニングムービーを流さないという方もいます。

確かにオープニングは業者に頼む場合は、安くても大体3万円~5万円くらいかかります。

しかし自分で作ってしまえば数千円程度で作れます。

基本的なスタイルは自由なので1分くらいの簡単なムービーでも大丈夫です。

  1. 式の流れにメリハリをつける
  2. 簡単な自己紹介ができる
  3. 会場を盛り上げる

主にこの3つの役割を知った上でオープニングムービーを作り上げていきましょう。

STEP:1.他のカップルのオープニングムービーを見てみる

オープニングムービーは基本的に決まった形がありません。

流したい曲から決めてもいいですし、使いたい写真から構想を練ってもいいです。

豚骨
豚骨
けど、いざ作ろうと思っても何から始めればいいのかわからないな。ムービーのテーマも固まっていないし・・・
白河
白河
全くプランがないという人は、とりあえず他のカップルが作っているオープニングムービーを始めに見てみることをお勧めするよ

こんな雰囲気でやりたいなという自分のイメージを明確にしていきましょう。

以下に参考として一度は目を通しておいていただきたいお勧めのムービーを紹介します。

ウェルカムボードの作成過程をコマ撮りでオープニングムービーに

ウェルカムボードの制作過程をオープニングにもってきたかわいらしいムービーです。

ウェルカムアイテムの作成過程をオープニングに使用するというカップルが最近増えてきています

他にはないオリジナリティを出すにはとても良いアイデアです。

準備などには多少時間がかかりますが楽しく、そして思い出に残るムービーにすることができます。

オーソドックスな自己紹介オープニングムービー

オーソドックスな自己紹介メインのオープニングです。

シンプルな構成に見えますが、ムービーの構図や所々の演出に強いこだわりが感じられ、完成度が非常に高いオシャレなオープニングとなっています。

ミュージックビデオ風オープニングムービー

音楽に合わせて新郎新婦が踊るというミュージックビデオのようなオープニングです。

業者が作成に携わっているためクオリティは高くなってはいますが、たとえ素人でも似たような演出を作り出すことは意外と簡単にできます。

これは「クロマキー合成」という編集技術を使えばできるものです。

クロマキーに関しては↓こちらの記事でも詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【クロマキー合成】人物を切り抜いて動画にしてみた!手順をわかりやすく解説!「合成」という言葉を聞いたことがない人はいないと思いますが 合成は映画やドラマなど様々な映像で使用されている、とても汎用性の高い効...
あわせて読みたい
【Filmora使い方講座】ミュージックビデオ風ムービーを作る方法を音声付きで解説!結婚式のオープニングムービーやプロフィールムービー、エンドロールムービーを自分で作ろうとした時に、 「ちょっと他の人とは違うムービ...

こちらは逆再生のアイデアが素晴らしいミュージックビデオ風のオープニングです。

こちらも業者が絡んでいるので完成度はかなり高いです。

しかし、このアイデア自体は一般の人でも再現可能です。

アイデア次第ではひときわ印象的な、プロが作ったようなオープニングを作り上げることができます。

STEP:2.オープニングムービーのテーマとアイディアを練る

先輩カップルのムービーを一通り見たら、自分のオープニングはどんなテーマのムービーにしたいのかを考えてみましょう。

種類別に大きく分けると、流行りのオープニングとしては次のようなものがあります。

  • オーソドックスな自己紹介ムービー
  • ウェルカムアイテムの作成過程ムービー
  • ドキュメンタリー風ムービー
  • 嘘字幕や口パクでの自己紹介ムービー
  • 映画やドラマ、アニメなどのパロディムービー
  • ミュージックビデオ風ムービー

このようなものが挙げられます。

私もここに挙げた種類のオープニングムービーは一通り作ったことがあります。

やはり作っていて楽しいのは、既にある既存の写真や動画をメインに使うムービーではなく

オープニングのために写真や動画を新しく取りなおしたムービーです

豚骨
豚骨
面白そうだから、ハリウッド映画の嘘字幕のオープニングを作ってみたいな!
白河
白河
・・・それは気をつけた方がいいよ。ここ数年でその手のムービーは式場で流せない所が多くなってきているからね。
豚骨
豚骨
・・・・・ええ!!

一番気をつけてほしいのが

映画やアニメのワンシーンをとりいれたような、嘘字幕・パロディ風のムービーを作るときです。

流行りの映画やドラマ、アニメのパロディ風オープニングが一時期凄い勢いで流行ってましたが、これらはお勧めできません。

なぜなら、肖像権に抵触するからです

私は何年にもわたって色んな式場にムービーを納品してきましたが、最近では肖像権に関して厳しくなっている式場が増えてきています。

あらかじめ「肖像権は守って下さい」という内容の誓約書を新郎新婦に書かせる、しっかりした式場もありました。

パロディ風ムービーを作る時は、あくまで雰囲気やロゴのフォントを真似て、それっぽく作るだけに留めておきましょう。

直接肖像権にかかるものは注意して避けて作りましょう。

せっかく頑張って作ったムービーが「これでは流せません!」と式場側に断られる可能性もありますので気をつけてください。

パロディ系のムービーを作るのは楽しいですが、オープニングの構成は無理して流行りに乗らなくて大丈夫です。自分らしいオリジナリティあふれるムービーにしましょう。

STEP:3.オープニングムービーの曲を決める

オープニングムービーの曲を決めます。

基本的にどんな曲でも良いのですが、オープニングムービーには「これから披露宴が始まる」という会場を盛り上げる役目がありますので

なるべく明るく楽しい、アップテンポの曲を選びましょう

涙を誘うような感動系のバラード曲を流してしまうと、新郎新婦入場前から会場のテンションがガタ落ちします。

ゆったりのテンポの曲でも、明るい爽やかな曲を選ぶようにしましょう。

そして曲の長さにも気をつけてください。

オープニングムービーは、1分30秒~4分以内にはだいたい収まるようにしましょう。

オープニングで5分を超えるようなムービーはなるべく避けてください。

中だるみする恐れがあり、ゲストを退屈させてしまいます。

よくブライダルシーンでは使用楽曲の著作権について話題になりますが

そこは一度好きな曲を使用してよいのか式場のプランナーに相談しておきましょう。

曲を選ぶときは会場のみんなも知っているような曲を選ぶと、ゲストの方々もいっしょに楽しめるのでなお良いかと思います。

著作権に関しては↓こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【捕まる?】絶対に知っておくべき結婚式での3つの著作権を徹底解説!「申し訳ありませんが、このDVDは流せません」 最近では自作DVDを納品する際、式場側からNGを出されるというカップルの話をよく耳...

式場によっては、自作DVD持ち込みや楽曲の自由使用を許可しない所もあります。

ここは式場に事前に確認しておくべきポイントです。

その時はプランナーと交渉し、どうしてもだめな時は式場の指示に従いましょう。

著作権を一切気にせずにフリーBGMでムービーを作りたいという人は↓こちらの記事で、完全無料のフリー音源紹介サイトを載せています。

あわせて読みたい
【必見】ウエディングムービーに必ず役立つ!フリー音楽素材サイト8選!ウエディングムービーで著作権を一切気にせずにムービーを作る方法は ネット上で無料で配布されている、フリー音楽素材をダウンロードする...

STEP:4.素材(写真・動画)集め、素材作り

極めて重要なのがこの素材選びです

使用する写真や動画次第でムービーの面白さと完成度がほぼ決まります。

オープニングムービーで使用すべき写真は、基本的に最近の物が望ましいです。

特に新郎新婦が出会ってから、それ以降の写真をベースにするのがベストです

幼少期や学生時代の写真は使うにしても、基本的に少なめが良いです。

Marry
Marry
なんで、小さいころの写真は少ない方がいいの?
白河
白河
小さいころの写真は、その後のプロフィールムービーで使う事になるからさ。その時に同じ写真が被らないようにするためにも極力少ない方がいいんだ

重複を避けるために最近の写真をオープニングムービーで使いましょう。

オープニングムービーの写真や動画は新しく撮った方が良い

ちなみに↓これは友人の依頼で私が実際に作ったオープニングムービーの一部分です。

新郎側の家族の写真を切り抜いて、戦隊モノの決めポーズを作っています。

始めからこの決めポーズを意識していたわけでなく、日常の写真から上手く切り取って作ったものです。

白河
白河
本人たちもこんな使われ方をするとは思わなかったと思う。

このように、オープニングに使える写真は何が役に立つのかわかりません。

オープニングムービーは何でもアリなんです。

ただ、ムービーを実際に作りだしたらわかることなんですが

自分の思い描いたテーマでムービーを作ろうとした時に、既に撮ってある既存の写真のみでムービーを作るのは結構難しいです

なぜなら既存の写真は元々、オープニングのそのテーマに沿った写真ではないからです。

最近の写真がないという場合はぜひから撮ってみましょう

そうした方が楽です。

自分のやりたいテーマが決まったらそれ用に写真や動画を新しく撮り直す方が、テーマにあった素材を効率よく使うことができます。

クオリティなどは重要ではありません。楽しんで作れることがオープニングムービーの特徴です。

ムービーのクオリティを気にするよりも、素材選び・素材作りに時間をかけましょう!




STEP:5.オープニングムービーを実際に作っていこう

曲が決まった。

素材も集めた。

ムービー構成も決まった。

ここまで来た人は、いよいよオープニングムービーを実際に作っていく作業にとりかかりましょう。

この段階で重要なのは編集ソフト選びです。

オープニングムービー作りに重要な編集ソフト選び

ムービーを作る人自身がどのようなパソコン環境でムービーを作るのかによって

おすすめする編集ソフトは変わってきます。

とにかく無料で始めたい人

  • Windowsムービーメーカー
  • AviUtl
  • iMovie
  • VideoPad

オリジナリティのあるムービーを作りたい人(有料)

  • Filmora
  • Movavi Video Suite
  • Power Director Ultimate

ご自分の状況に合わせてソフト選びをしてみてください。

とはいえ、私は基本的に無料ソフトはオススメしていません。

時間の無い初心者は無料編集ソフトを使うな!絶対におすすめできない7つの理由という記事でも解説していますが、無料ソフトにはウエディングムービーに必要な最低限の機能が備わっていません。

2018年現在オススメできるソフトBEST3が以下の3つになります。↓

ランキング1位 Power Director 17 Ultimate
言わずと知れた国内シェア№1を誇る、大人気動画編集ソフト。ウエディングムービー用に使っている人に限らず、様々な動画編集好きに支持されている程の高機能性。シリーズの中でも「Ultimate」がウエディングムービーにはベスト。
2018年9月に最新モデルをリリースし、機能が格段にアップした。
30日間の返金保証があるのもこのソフトならではの魅力です。

 

オススメ度
価格2.180円~ 最安新プランの詳細はこちら☜
主な機能画面キャプチャー、フィルター効果、トランジション効果、テキストの挿入、タイトルの挿入、オーサリング機能、ライティング機能、ウエディング専用エフェクトが内蔵されている。

秘密を知る無料体験版を試す

ランキング2位 Filmora(フィモーラ)
初心者で結婚式のソフトに悩んでしまうという人はとりあえずこのソフトを使えば間違なし。
センスの良さとコスパはNo.1ウェディング向きな綺麗なエフェクトが多数揃っており、使いやすさも極めて優秀で、初心者でもまず操作に迷う事は無い。
ウエディング専用エフェクトがオプションで付けることもでき、ソフトと同時購入であれば9.970円という破格のセット割引も魅力的。
オススメ度
価格5,980円(公式サイト限定の最安値モデル)
主な機能フィルター効果、トランジション効果、テキストの挿入、タイトルの挿入、オーサリング機能、ライティング機能

秘密を知る無料体験版を試す

ランキング3位 Movavi Video Suite
全世界で大人気を誇っている編集ソフト。動画編集ソフト「Movavi Video Editorシリーズ」の中でもベストセラーの大ヒット商品。
特に、キーフレームアニメーション(動画や写真を画面上で自在に動かす編集技術)や、画面キャプチャーが使えるのもポイント。自由度が非常に高く、初心者でもかなり扱いやすいソフト。
オススメ度
価格17.700円→最大67%OFFで購入する、唯一の裏ワザはこちら☜
主な機能キーフレームアニメーション効果画面キャプチャー、フィルター効果、トランジション効果、テキストの挿入、タイトルの挿入、オーサリング機能、ライティング機能

秘密を知る無料体験版を試す

とりあえずは無料体験版をダウンロードしてみて、あらかじめ動作状況を確認しておきましょう。

この3つのソフトには、初心者なら必ずつまずく「DVDへの書き込み」の機能が始めから備わっています。

【初心者必見】DVDが結婚式場で流せない!そんな時の3つの対処法という記事でも解説していますが、動画データ(MP4やWMV等)はそのままDVDに焼いても結婚式場のプロジェクターでは流せません。

動画の編集に自信が無い人は、必ずDVDへ書き込める機能が付いたソフトを選びましょう。そうしておかないと後々面倒な事になります。

有料ソフトでもゲスト1人分のご祝儀(3万円)があれば、1万円以上はお釣りが返ってきます。

オープニングムービーの準備段階で注意すべき2つのポイント

動画を作り始める準備段階での注意点をお伝えします。

一番始めに絶対注意しておくべきことは

  1. 式場のスクリーンのアスペクト比の確認
  2. 動画の前後に5秒程度の空白を入れる

この2つです。

①のアスペクト比とは簡単にいえば、動画の縦横の比率のことです。

多くの式場はこのアスペクト比を(16:9)(4:3)としています。

どちらのアスペクト比なのかは、

式場から渡されるマニュアルに記載してありますのであらかじめ確認しておきましょう。

ここを間違えて動画を出力してしまうと

ムービーの字幕が切れたり、画像が横に伸びたり、画面端の人の顔が切れる恐れがあります

そして、②動画の一番初めと一番最後の終わりに5秒程度の空白を入れましょう。

ここで言う空白とは、画像や音声などが何も入っていない真黒な画面のことです。

これについてはマニュアルに記載していない式場がたまに見受けられますが

絶対に入れておいた方が良いです。

作ったムービーに空白が全くないと、突然ムービーが始まって初めの方が切れてしまったり

終わりの方が余韻もなくブツ切りになってしまうことがあります。

ムービーの前後に5秒程度の空白を作る。

ここも見落としがちですが、気をつけるべきポイントです。

この記事ではムービーを作る準備段階での注意点のみを挙げていますが、他に気を付けるべきポイントは山ほどあります。

↓こちらの記事に詳しく注意点を紹介してますので必ず目を通しておいてください。

あわせて読みたい
【トラブル多発】ウエディングムービー自作における16の注意点!ウエディングムービーを作るにあたり、注意すべき点は山ほどあります。 初めてムービーを作るという人は見落としがちなポイントも多く ...

オープニングムービーで使える演出

オープニングムービーで会場を盛り上げるためのムービー演出をご紹介します。

まず一番初めに手軽に使える定番のオープニング演出はカウントダウンです。

カウントダウン

カウントダウンとはこれです↓

定番ではありますが、一気にムービーをおしゃれにできる効果的な演出です。

ゲストの方がカウントダウンの声を挙げてくれることもたまにありますし

カウントダウンを入れるだけで動画の空白を一番始めに作り出すこともできます。

さらには、「これから式が始まるんだ」

というワクワク感をゲストにもたせる演出にもなります。

カウントダウン演出の導入方法を簡単に解説します。

まず、「カウントダウン フリー素材」などのワードで検索をかけてください。

出てきた動画がウェブページ上で直接インストールできるものであれば、そのままインストールします。

動画がウェブページ上でインストールできない場合は

WinX YouTube DownloaderCraving Explorer等のフリーの動画ダウンロードソフトをインストールした上で動画素材をパソコンに保存しましょう。

フリー動画素材ダウンロードソフトについては別記事で詳しく紹介します。

フリー素材をダウンロードせずともFilmora(フィモーラ)Movavi Video Suiteなどの有料ソフトであれば、始めからカウントダウン演出が搭載されいます。

文字演出

簡単にできてオシャレ感を出せるのが文字演出です。

演出と言うほどではありませんが、使い方によっては格段に雰囲気をオシャレにすることができ、とても印象的なムービーになります。

↓簡単なサンプルムービーを作りました。

文字とエフェクト、簡単な動きを加えただけですが

ムービーの導入や場面転換の緩急で使うなど、様々な使い道のある演出です。

クロマキー合成

このクロマキー合成は私も頻繁に使う演出です。

非常に汎用性が高く応用が利き、ムービーの幅を一気に広げてくれます。

人物の輪郭を抜き取って「よりインパクトのある自己紹介を作り出す」という事もできます。

文章ではわかりづらいので解説動画を作ってみました。

自己紹介だけでなく、いろんな使い道のある効果なので

クロマキー合成はぜひ使ってみてください。

クロマキー合成を使った「人物の切り抜き」を私はよく使いますが、応用すると↓このような登場シーンを作ることができます。

人物だけではなく、「物」の映像を効果的に使う

新郎新婦自身の映像だけでなく「物」の映像を使用すると

ムービーに緩急をつけることができます。

ピンとこない方もいるかもしれませんので代表的な例を挙げますと

「指輪」や「婚姻届」です。

指輪を入れ込んで↓簡単なサンプルムービーを作ってみました。

このように、人物の画像だけでなく、ウエディングアイテムをムービーの合間に入れ込んでみるとよりムービーの流れが美しくなります。

8ミリフィルムのようなエフェクト

8ミリフィルムカメラで撮られたかのような映像に加工するエフェクトです。

これは簡単にできるのでガンガン使いましょう。

特に昔の写真や映像に対して使うとより効果的です。

これはプロフィールムービーなどでも活用できるエフェクトになります。

↓参考動画を作りました。

ムービーを「オシャレな映画風に」作るための方法は↓こちらで紹介しています。

あわせて読みたい
「レトロな映画風」のウエディングムービーの作り方!驚くほど簡単な3つの手順とは? ムービー全体のテンポを良くする オブジェクト(画像やテキスト)に動きを加える 画面の動き(カメラワークの...

オープニングムービーの作り方まとめ

以上のように、オープニングムービーを作っていくステップを紹介してきました。

オープニングのステップまとめ
  1. 他のカップルの作品を見てみる
  2. ムービーのテーマと構成を練る
  3. オープニングムービーの曲を決める
  4. 写真・動画などの素材を集める
  5. ソフトを導入して実際にムービーを作っていく

ここまでくれば、後は出来上がった動画データをDVDに焼くだけです。

結婚式のDVDの焼き方に関しては↓こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
式場でムービーが流せる!フリーオーサリングソフトDVD Flickの特徴とインストール方法を紹介!! このような報告は非常に多く、動画編集初心者の方の多くがつまづくポイントです。 これは、DVDプレイヤー等で...

オープニングムービーは近年ますます人気が高まっている演出です。

ぜひ自分でオリジナリティあふれるオープニングを作って結婚式を盛り上げましょう!

なお、ムービーを完成させる自信がないという人や、ムービーに費やせる時間が全くないという人は

初めからプロに依頼するのも一つの手です。

今の時代は格安でプロの業者に依頼ができるので、こちらの記事を参考にしてみてください。↓

あわせて読みたい
【損する?】結婚式のムービーが格安で依頼できるオススメ業者10選 このように感じている人は非常に多いかと思います。 しかしプロフィールムービーを結婚式場の業者に依頼すると10万円以上かかる...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA